60周年を迎えて

ご挨拶

社長 蓮池浩二

当社は2016年11月1日をもちまして、創業60周年を迎えます。
この日をつつがなく迎えることができるのは、多くの皆様のご愛顧、ご支援の賜物と心より厚く御礼申し上げます。
創業時の社名「シルバー樹脂工業所」には、「いつの日かゴールドにならん」とし社員が努力する姿や、「あでやかさよりも、味わい深く実のある輝きで世に貢献したい」という思いが込められていました。
その志は今日も変わることなく、社員一丸となって「わたくしたちにしかつくれない良い商品をつくる」よう努めております。
これからもお客様に寄り添い、笑顔と幸せをお届けできるように、リッチェルならではの「ものづくり」にまい進する所存です。
なお一層のご愛顧、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 蓮池 浩二

60周年ロゴ

60周年ロゴ

60周年は「還暦」を意味します。
長きを生き抜いたことを感謝し、次なるステージへの決意を新たにするために60周年ロゴマークを制作しました。
スパイラルアップのデザインと爽やかで明るい色の「60」が、当社の成長と未来を象徴しています。

リッチェル 60年のあゆみ

1956年の「シルバー樹脂⼯業所」を創業以来、1960年に「シルバー樹脂工業株式会社」を設立、1991年に社名を「株式会社 リッチェル」に変更し、現在に至ります。

リッチェル 60年のあゆみ
go top