バイオ関連用品|Laboratory Plasticware

マイクロレシコ マーク マイクロレシコ ポリプロピレン樹脂製品の問題をマイクロレシコが解決しました。
タンパク質低吸着 シャープな液切れ

ソリューション by マイクロレシコ

タンパク質やペプチドの吸着を抑えたい


大切な試料液のロスを最小限にしたい

分析技術の進歩に伴い、蛋白質・ペプチドの高感度検出が可能となっています。
一方、生化学研究において試料保存や調整段階で汎用的に使われているポリプロピレン樹脂製品への蛋白質やペプチドの吸着は、実験結果に重要な影響を及ぼします。
一般的には、吸着を防止するために、樹脂表面に親水処理が施されています。
しかし、親水処理によって液切れが悪くなり、ピペッティング操作のみでは試料液を完全に回収できないという問題も生じ、研究上の悩みの種となっていました。
マイクロレシコ®は、このような従来のポリプロピレン樹脂製品の問題を解決した画期的な素材です。

マイクロレシコ®  チューブ
マイクロレシコ® チューブ
  マイクロレシコ®  96ウェルプレート
マイクロレシコ® 96ウェルプレート
品番 容量 参考価格 備考
92016 0.5ml ¥1,728 (税抜¥1,600)
ショッピングサイトへ
100コ入
92017 1.5ml ¥1,728 (税抜¥1,600)
ショッピングサイトへ
100コ入

 材質/ポリプロピレン ※未滅菌

 ●遠心強度:16000G
 ●書き込みスペース付き(キャップ上部)
 ●オートクレーブ可(121℃ 20分)
 
品番 容量 参考価格 備考
92018 350μl ¥21,600 (税抜¥20,000)
ショッピングサイトへ
40コ入

  材質/ポリプロピレン ※未滅菌

  ●サイズ:86×128×14.4mm
  ●底形状:V底
  ●オートクレーブ可(121℃ 20分)



■■タンパク質の微量分析に威力■■


■検証1 タンパク質吸着性試験

タンパク質吸着性試験 ※Adiponectionを3時間インキュベート後ELISA法により、
水溶液中のAdiponectionを定量しロス率を算出


■検証2 液切れ比較試験

液切れ比較試験 ※他社タンパク質Low Bind品との液切れ比較





マイクロレシコ®の詳細データについては こちら をご覧ください。




go top