バイオ関連用品|Laboratory Plasticware



  プラスチック技術で進化の種を育てます

プラスチックの技術で様々な研究・開発分野のお役に立ちたい…。
リッチェルでは、そのための協同研究の種を常に求めています。
すでに産学官の多くの分野で共同研究が進行中であり、
これからも我々は共同研究・共同開発に積極的に取り組みたいと望んでいます。

共同研究例 1

 
超微細射出成形チップ使用例



リンパ球マイクロアレイシステムには、リンパ球を1個ずつ取り出すことのできる細胞チップの使用が基本となります。そこで、細胞チップの大量生産が可能な「超微細射出成形によるプラスチック製のチップ」が有効です。

<病気の診断抗体医薬開発の分野では…>
リンパ球がちょうど1個入るようなマイクロウェルアレイチップを用いて、ウィルスなどを認識するリンパ球を検出するシステムの開発が進んでいます。
(リンパ球マイクロアレイシステム)

 


共同研究例 2

 


 [SEM像]
産学官で共同開発した樹脂チップ


ウェル形状:
直径 10μm
深さ 14μm
ピッチ 20μm
穴数 約23万個

表面図→産学官で共同開発した樹脂チップ

断面図→産学官で共同開発した樹脂チップ













go top