ほ乳びんやベビーマグなどの食器類。正しい洗い方・消毒方法を解説します!(電子レンジスチーム消毒編)

赤ちゃんは抵抗力が弱く、細菌に感染すると大人より重症化しやすいと言われています。
清潔への意識が高まっている今、赤ちゃんがお口にいれるもの、触れるものは、特にきれいに保ってあげたいですよね。

赤ちゃんのほ乳びん(ミルクボトル)やマグはもちろん、おしゃぶり、歯がため、スプーンやフォーク、お皿なども、消毒してあげるとより安心です。

でも、ほ乳びんやマグ、おしゃぶりや歯がためなどは毎日使う回数が多いため、お手入れが大変!
また、洗い方・消毒方法は習う機会が少ないため、なんとなく自己流で・・・。という方も多いのではないでしょうか。

そこでべびちぇるでは、前編、後編と2回にわたり、ほ乳びんやマグなどの食器類の正しい洗い方・消毒の方法をお伝えしていきます。

前編の今回は、

  • ほ乳びんの消毒はいつ頃まで必要?
  • ほ乳びんやマグなどの正しい洗い方
  • 代表的な3つの消毒方法と、それぞれの消毒時間の目安
  • 短時間ですみずみまでしっかり消毒。ほ乳びんの電子レンジスチーム消毒

についてお伝えします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ほ乳びんの消毒はいつ頃まで必要?

赤ちゃんが飲むミルクは栄養がたっぷり。
もしほ乳びんに洗い残しがあると、洗い残しを栄養分として雑菌が繁殖し、抵抗力の弱い赤ちゃんに影響が出る場合も。
ほ乳びんは、しっかりと洗って消毒することが大切です。

細菌に対する赤ちゃんの抵抗力がしっかりしてくるのは、生後5、6ヵ月頃といわれています。少なくとも生後5、6ヵ月頃までは、ほ乳びんやマグなどの消毒を続けてあげてくださいね。

離乳食が始まる生後5、6ヵ月頃からは、赤ちゃんはスプーンや歯がためなど様々なものを口にしますし、活動範囲が広がり、除菌されていないものに触れる機会も増えていきます。

そのためほ乳びんの消毒は生後5、6ヵ月から1歳までに終了する人が多いですが、食中毒になりやすい季節や、赤ちゃんのおなかの調子が悪そう、体調がいつもと違う、といった場合は、適宜ほ乳びんやマグの消毒をして柔軟に対応しましょう。

ほ乳びんやマグなどの正しい洗い方

ほ乳びんやマグを清潔に保つため、消毒の前に必要なのがまず洗浄です
洗い方は、スポンジに台所用洗剤をつけてこすって終わり!という方も多いのではないでしょうか。

洗う前にまずは、ストローやパッキンなど、取り外して洗う必要のあるパーツはすべて取り外して分解しましょう。

次に、個々のパーツを中性洗剤とやわらかいスポンジなどで洗います。
スポンジが届かない細かいところやストローの中は、専用のブラシで洗いましょう。

食器洗い乾燥機での洗浄に対応しているパーツは食器洗い乾燥機で洗ってもOK。高温で洗浄・乾燥ができる機種では、洗浄と除菌までが同時に行えますよ。

いずれにしても、商品パッケージや取扱説明書を確認して洗い方を確認しておくといいですね。

すべてのパーツをきれいに洗い終えたら、次は消毒を行いましょう!

ほ乳びんやマグなどの正しい洗い方まとめ

  • ストローやパッキンなどをパーツごとに分解する
  • 本体は中性洗剤とやわらかいスポンジなどで、指定通りに洗う
  • スポンジが届かないところやほ乳びんの乳首、ストローなどは専用のブラシで洗う
  • 食器洗い乾燥機での洗浄に対応しているパーツは、食器洗い乾燥機で洗ってもOK

代表的な3つの消毒方法と、それぞれの消毒時間の目安

まずは、ほ乳びんやマグの代表的な3つの消毒方法と、それぞれの消毒時間の目安を簡単にご紹介します。

■電子レンジスチーム消毒(3分)

電子レンジスチーム消毒は、専用の容器にパーツと水を入れてふたをし、電子レンジで指定時間(3分程度)加熱します
電子レンジで加熱するので、あっという間に消毒ができるのがメリットです。

■煮沸消毒(3~5分)

煮沸消毒は、鍋に熱湯を沸かし、パーツを入れて3~5分煮沸します
ご家庭にある鍋で消毒が出来るので、専用の道具いらずの最も手軽な消毒方法です。

■薬液消毒(60分~)

薬液消毒は、専用容器に市販の薬液を分量どおりに作って本体、パーツを沈め、60分以上つけ置きします
専用容器は消毒後のほ乳びんやマグの保管にも使えます。

3つの消毒方法はいずれもしっかり消毒できるので、ご自分に合った方法を試してみてくださいね。

次は、3つの消毒方法の中で一番時間がかからない、電子レンジスチーム消毒について詳しくご紹介します!

短時間ですみずみまでしっかり消毒。ほ乳びんの電子レンジスチーム消毒

電子レンジスチーム消毒の消毒方法と注意点

電子レンジスチーム消毒は、必ず専用の道具を使います。
ほ乳びんやマグ本体は、中にスチームが入りやすいよう、口を下に向けてセットできる容器がおすすめです。

容器にほ乳びんやマグ本体を入れ終えたら、残りのパーツも入れましょう。

次に、容器に指定された分量の水を入れてふたをし、電子レンジで3分~3分半加熱します。

容器の大きさや電子レンジの出力によっても加熱時間は異なります。

また、マグやほ乳びんを専用容器に入れずに電子レンジ消毒しようとすると破損の原因となりますので、電子レンジスチーム消毒は、必ず専用の容器に入れて行ってくださいね。

電子レンジスチーム消毒の専用容器としておすすめなのが、
リッチェルの電子レンジスチーム消毒が手軽にできる「ほ乳びんレンジスチーム消毒パック」です。

コンパクトなほ乳びん「1本用」と、さく乳器の消毒にも使える「2本用」があり、どちらも軽くてコンパクト!
電子レンジと少量の水があればどこでも消毒が出来るので、お出かけ先や帰省先にも気軽に持ち運べます。

使い方は、容器にほ乳びんと水を入れてふたをし、電子レンジで約3分加熱するだけ。
ほ乳びんのびん口が下に向く形なので、下からの蒸気の流れでしっかり消毒ができます。

通常、電子レンジスチーム消毒後は容器が熱くなりますが、「ほ乳びんレンジスチーム消毒パック」は持ち手がついているので簡単に水切りができ、誰でも安心してほ乳びんの消毒ができますよ。

消毒後に容器の水切りをした後は、「ほ乳びんレンジスチーム消毒パック」はそのままほ乳びんの保存容器としても
ほ乳びんを次に使うまでの間、清潔に保管できるので便利ですよ。

各サイズとも2セット入りなので、1セットでほ乳びんを消毒中、もう1セットでほ乳びんの保管ができますし、自宅と帰省先にひとつずつ置いても良いですね!

また、電子レンジで約3分とあっという間に消毒ができるので、ほ乳びんだけでなく、さく乳器、ベビー食器やおしゃぶり、歯がためなどにも気軽に使えるのがうれしいですね。

消毒が時短ででき、軽くてコンパクトな「ほ乳びんレンジスチーム消毒パック」。ぜひ使ってみてくださいね!

まとめ

赤ちゃんが口にするほ乳びん、マグ、おしゃぶりや歯がためなどのお手入れは、抵抗力の弱い赤ちゃんを守るためにはとても大切。

でも、毎日何度もお手入れすることを考えると、できるだけ自分に合った負担の少ない方法を選びたいですよね。

次回後編は、

  • 専用の道具不要。家庭にある鍋で手軽にできる煮沸消毒
  • つけるだけで簡単消毒、清潔保管。ほ乳びん・食器類の薬液消毒
  • 各消毒方法の特徴まとめ -ライフスタイルや場面に合った消毒方法を選ぼう-

についてお伝えする予定です。

どうぞチェックしてくださいね!