ニュースリリース

  • 家庭用品

ラクール

狭いキッチンをより機能的に使える新提案!
「スペースを有効に使える」「複数用途に使える」がポイント!

キッチンワークを便利にする「ラクール」シリーズ16アイテム発売。

株式会社リッチェル(本社:富山市、社長:蓮池浩二)のハウスウェア用品部門は、スペースの限られているキッチンでの作業をしやすくするキッチンアイテム『ラクール』シリーズを7月15日発売します。特に一人暮らしのキッチンは「シンクが小さい」「作業スペースが狭い」「収納場所があまりない」などが悩み事です。『ラクール』はそんなニーズに応え、ミニキッチンで使いやすいアイテムを充実させました。

「シンクドレイナー」はシンクに渡すことでまな板などを安定して置け、作業スペースとして使えるので調理がしやすくなります。食器やカトラリー、まな板の水切としても使えます。使用しない時は立てかけて置け、保管にも場所をとりません。「シンクコーナートレー」はシンクコーナーを有効活用できます。洗剤やスポンジを置いたり、グラスなどの小物の水切りとしても使え、水を直接シンクに排水できます。「マルチポリ袋スタンド」は簡易ゴミ入れやボトル類の水切りに使えます。ワイヤー間ピッチが異なる「マルチグラススタンド」はグラスやお皿、フライパンなど色々なものをまとめて水切りできます。別売りのトレーと組み合わせて使うこともできます。この他キッチン扉に掛けて手軽に収納できる様々なアイテムも揃い、必要に応じて選べます。ワイヤー部はポリエチレンの被膜塗装が施されており、サビにくく食器へのあたりもやわらかく、音がしにくく静かです。
詳細はリッチェルサイト(http://house.richell.co.jp/)よりご覧いただけます。

ラクールシリーズ

■本件に関するお問い合わせ先

リッチェル60周年ロゴ

株式会社リッチェル
〒939-0592 
富山県富山市水橋桜木136
https://www.richell.co.jp/

報道関係の方:広告宣伝課
TEL:(076)478-2186 FAX:(076)478-2259

消費者の方:お客様相談室
TEL:(076)478-2957

(2017/7/10)

go top