株式会社リッチェル 工業用品部 プラスチックの話

金型

アンダーカット

成形品を金型から出す時、そのままの状態では離型できない凸形状や凹形状のことを、アンダーカットといいます。
アンダーカットがあると、型を分割しなければ取り出すことができません。

アンダーカット

そのため、金型の開き方向を変えたり、分割して取り出せるようにします。
製品の側面に凹形状を設けるための外スライド、凸形状を設けるための傾斜バー、倒れピンなどの方法があります。

外スライド
動画を見る(mpg)
型開きに伴いアンギュラピンの角度に沿って、スライドコアがスライドし、アンダーカットを開放します。
外スライド
傾斜バー
動画を見る(mpg)
突出しに伴い、コア穴の角度に沿って傾斜バーがスライドし、アンダーカットを開放します。
傾斜バー
倒れピン
動画を見る(mpg)
突出しに伴い、垂直に突出し、コア内の段差・角度によってピンが倒れ、アンダーカットを開放します。
倒れピン
PAGE TOP

株式会社リッチェル工業用品部 営業

〒939-0592 富山県富山市水橋桜木136
TEL 076-478-2159  FAX 076-478-2259

Copyright© Richell Corporation. All Rights Reserved.