会社情報

company

サステナビリティ

SDGs SDGs

リッチェルはプラスチック製造を軸とした「良い商品」を提供することにより、人々の暮らしをより豊かにすることに貢献しております。また、これまでのCSR活動としての取り組みは、2015年9月に国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」との親和性・関連性が高く、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献できるものと考えております。
更に持続可能な社会へ企業としての取組を加速させるため、新たにリッチェルが特に注力していくマテリアリティ(優先課題)と解決すべきSDGsを、様々な社会課題の中から特定しました。リッチェルは、これからもすべてのステークホルダーを大切にし、事業活動を通して持続可能な社会への貢献を推進して参ります。

環境との共生

製造業の社会的責任として、地球環境を守りながら持続可能な事業活動を推進

MATERIALITY
循環型社会・脱炭素社会への貢献
9:産業と技術革新の基盤をつくろう 9:INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE
12:つくる責任、つかう責任 12:RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTIONS
13:気候変動に具体的な対策を 13:CLIMATEACTION
1様々なリサイクル素材の活用によりプラスチック使用量の削減を推進
リサイクル

1998年よりリサイクル工場の稼働を始め、製品の成形工程で発生する調整品や不良品、スプール、ランナーを、押し出し機でペレット状のリサイクル材に再生し、園芸用プランター等の生産に活用しております。公益財団法人日本環境協会が実施するエコマーク事業への参加や、グリーン購入法適合商品の開発を通じて環境物品への需要転換の促進に努めております。

リサイクル
2パッケージの見直しによるプラスチック使用量の削減
パッケージ

商品パッケージのプラスチック使用量の削減や素材の見直しに取り組み、環境負荷の低減に貢献しております。

3商品原材料へのバイオプラスチック導入の推進
バイオマス

バイオマス材料を使用した商品を「エコフレンドリーマーク」商品として展開し、環境負荷軽減に配慮したものづくりを推進しております。

echofriendly ぶどう・お茶・おからなど食品資源の再利用
バイオプラスチック
7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに 7:AFFORDABLE AND CLEAN ENEGRY
9:産業と技術革新の基盤をつくろう 9:INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE
13:気候変動に具体的な対策を 13:CLIMATEACTION
4環境に配慮した物流効率化の推進によるCO2の排出削減
トラック輸送

AI システムを活用した配送の効率化によりトラックの走行量を削減、CO2 排出量の抑制、環境負荷の低減を推進しています。

トラック
5再生可能エネルギーの生産によりCO2の排出削減に貢献
太陽光発電設備

自社物流センター等の屋根に太陽光パネルを設置し、CO2 の削減に努めております。

ソーラーパネル
ソーラーパネル

社会との共生

持続可能性に配慮した製造・販売拠点設置

MATERIALITY
地域コミュニティー成長への貢献
4:質の高い教育をみんなに 4:QUALITY EDUCATION
8:働きがいも経済成長も 8:DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH
9:産業と技術革新の基盤をつくろう 9:INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE
11:住み続けられるまちづくりを 11:Sustainable Cities and Communities
17:パートナーシップで目標を達成しよう 17:Partnerships for the Goals
1地域コミュニティへの貢献
スポーツ

様々なプロスポーツチームとオフィシャルスポンサー契約を締結。
地域の皆様と共に地域活性化のため、それぞれのチームの活躍を積極的に応援しています。

カターレ富山
カターレ富山
(サッカー)
富山グラウジーズ
富山グラウジーズ
(バスケットボール)
アランマーレ富山
アランマーレ富山
(ハンドボール)
2グローバル展開による価値観の多様化と拠点における雇用拡大、経済発展の推進
グローバル

海外拠点において、現地における雇用拡大や生産、販売活動を通じ地域経済に貢献しております。

グランドプレーリー
グランドプレーリー
上海
上海
ソウル
ソウル
ホーチミン
ホーチミン
バンコク
バンコク
台北
台北

人との共生

働くひとたちの健康と持続可能な職場環境の実現

MATERIALITY
健康経営の推進による生産性の高い職場環境への貢献
3:すべての人に健康と福祉を 3:GOOD HEALTH AND WELL=BEING
8:働きがいも経済成長も 8:DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH
13:気候変動に具体的な対策を 13:CLIMATEACTION
1オフィス緑化の推進により、訪れる人、働く人に癒しを提供し、生産性の向上を図る

オフィス内の緑化を進め、社員、来訪者に癒しを提供することで、健康経営推進による生産性の向上を目指します。

2職場の健康づくりと環境整備を目指し、健康経営に取り組む
とやま健康企業宣言

従業員の健康は企業の維持と成長にかかせないものです。
リッチェルは職場の健康づくりと環境整備を目指し、健康経営に取り組んでいます。
現在「とやま健康企業宣言銀(Step1)」の認定を受けており、今後もさらなる従業員の健康づくりと環境整備を進めて参ります。

健康企業宣言