1. 環境への取り組み

●省エネと地球温暖化の防止

1. 工場のエコ化(製造部)

工場のエコ化

LEDは蛍光灯や白熱電球に比べて省電力の照明器具です。
水橋工場は2011年より26か所の照明をLEDに切り替えました。電気使用料金は前年比で約75%と、大幅に削減しています。
さらに初期コストが低くLEDと同等の効果がある省エネ照明「CCLF」の導入を検討していきます。

2. クールビズ、ウォームビズ(総務部)

クールビズ、ウォームビズ(総務)

環境省は温室効果ガスの削減、省エネルギー対策として「クールビズ」、「ウォームビズ」を推進しています。
イントラネットや掲示ポスターを利用し、社員だけではなく来客にもその趣旨を啓蒙しています。室温を5月~9月は28℃、11月~3月は20℃に設定し、温室効果ガスの削減に努めています。

●リサイクルの推進

3. リサイクル(製造部)

リサイクル

本社リサイクル工場では、製品の成形工程で発生する調整品や不良品、スプール、ランナーを、押し出し機でペレット状のリサイクル材に再生します。
2014年度は押し出し機の稼働率が約96%と高く、これらのリサイクル材は園芸用プランターなどに生まれ変わります。

4. エコマーク

エコマーク

エコマークは「日本環境協会が環境保全に役立つと認めた」商品につけられ、消費者が環境にやさしい商品を選ぶ際の目印になります。
現在は11のエコマーク商品があり、今後さらに増えていきます。

●環境教育

5. エコ検定(環境社会検定試験)

エコ検定(環境社会検定試験)

社会的な環境意識の高まりにともない、ビジネスの場においても環境問題にいかにアプローチするかが問われる時代です。
幅広く体系的な環境知識を習得するために、環境用品の営業担当者が自発的に「エコ検定」にチャレンジしています。

go top