2. 地域/社会とのかかわり

●地域とのかかわり

8. 災害支援協定

災害支援協定

災害などで被災した自治体へのスムーズな応援活動を遂行するため、「自治体」と人的・物的支援に関する協定を締結する企業が増えています。
リッチェルは2014年11月に、地元自治体(水橋東部自治振興会)と災害支援協定を締結しました。
津波や洪水などの水害時、地域住民の一時避難場所として水橋配送センターの3階を提供します。

9. 工場のクリーン作戦

工場のクリーン作戦

工場内の衛生維持だけではなく、隔週月曜日の就業前30分、構内除草などの環境美化活動に取り組んでいます。
今後は地域のクリーン作戦などに参加し、構内から構外へ環境美化活動を拡大していきます。

10. 消防訓練

消防訓練

年に1回、消防署の指導のもと社内で自衛消防訓練を行います。
全社員が参加する総合訓練で、実際の火災を想定し「火災の発見から初期消火、避難まで」に参加して実施します。
また富山市危険物安全協会が主催する「自衛消防操法大会」に2004年より毎年参加し、社員の高い防火意識を維持しています。

11. 暴力追放

暴力追放

富山県は暴力追放運動推進センターを設立し、暴力団による不当行為や被害のない地域をめざして「暴力追放運動」を推進しています。
推進センターからの情報をポスターやイントラネットを利用して社員に啓蒙する活動が認められ、2014年「暴力追放富山県民大会」で感謝状をいただきました。

12. コミュニティバス

コミュニティバス

コミュニティバスは交通の不便な地域の住民にとって、貴重な移動手段です。
NPO法人「水橋ふれあいコミュニティバス」は2011年から水橋地域を運行し、高齢者や児童の移動の足を確保しています。
リッチェルは循環路線上にあり、2013年よりバス停「リッチェル本社前」を設置してサービスの一翼を担っています。

13. パンの社内販売

パンの社内販売

内閣府は、国民が互いを尊重し支え合って共生する社会を目指すとともに、障がい者の自立と社会参加の支援を推進しています。
障がい者の経済的自立を支援するために、2013年より月に2回、地域の障がい者施設で焼いたパンの出張販売を受け入れています。
パンの販売は施設の人たちの励みとなり、購入は社員の楽しみとなっています。

●次世代の担い手へ

14. 工場見学

工場見学

県内の小学生から高校生までを対象に工場見学を受け入れています。
水橋工場は材料の混合からリサイクルに至るまでプラスチック成形の工程を公開しています。
児童たちは成形機の動きに目を輝かせ、毎回いろいろな質問が飛び出します。

15. 就業体験

就業体験

富山県教育委員会は1999年より、中学2年生を対象とした「社会に学ぶ14歳の挑戦」に取り組んでいます。
地域の職場で働く喜びや楽しみ、つらさを体験し、自分の将来を見つめることを目的としています。
リッチェルは毎年2~3校の地元中学校を受け入れており、生徒たちに工場での作業体験を提供します。

●スポーツへの協賛

16. スポーツへの協賛

スポーツへの協賛

「カターレ富山」は2007年に設立した富山県のサッカークラブチームです。
ふるさと富山が一層元気になるように、青少年の育成やスポーツの振興、地域の活性化などに貢献しています。
リッチェルはカターレ富山の活動に協賛し、ホームスタジアムでのイベントやチケットの販売に協力しています。

go top