社長メッセージ

代表写真

 私どもリッチェルは、1956年の創業以来「“良い商品”をつくろう」を企業理念に掲げ活動してまいりました。おかげさまをもちまして、2016年に創業60周年を迎えることができましたが、あらためて創業の精神に立ち返り、これからどのような未来を描いていくかを考えております。

 私どもがつくる商品をご愛用くださるお客様、生産・営業活動に関わるお取引先様、株主様、そして“良い商品”をつくるために一丸となって働いてくれる社員の皆さん、リッチェルは実に多くのステークホルダー様に支えられ、今日まで事業を継続してまいりました。この全ての皆様に喜んでいただくこと、それがリッチェルの存在意義であり、あるべき姿です。
 「お客様に良い商品を提供したい」という信念は、当社の礎となり成長するための糧となりました。これからもこの思いを心に刻み、良い結果を出せるよう邁進いたします。

 モノや情報が満ち溢れた暮らし、飛躍的な技術革新の裏側で、国際的な政治の緊張、少子・高齢化による日本国力の減退、環境汚染など、私どもをとりまく経営環境には明暗両面が存在し、劇的に変化しています。リッチェルがこれからも経営を持続し発展していくためには、時代の波に乗り遅れることなく対応できる柔軟性、自社の変革に果敢に取り組む積極性、洗練された進歩的な感覚が必要です。
 「良い商品をつくる」ことは当社にできる社会貢献であり、当社に課せられた社会的責任です。リッチェルはこれからもその信念を貫き全うしてまいります。

代表取締役社長 渡辺信樹
go top