ニュースリリース

  • ベビー用品

搾乳機 手動・電動 Plus

上手な搾乳で、家族も参加できる楽しく快適な母乳育児を!

赤ちゃんが飲む感覚でさく乳できて、母乳分泌を促す
「さく乳器」2機種を2015年1月10日より販売開始。

 

 ベビー用品開発・製造の株式会社リッチェル(本社:富山市、社長:蓮池浩二)は、赤ちゃんの健やかな成長とママの快適な母乳育児応援アイテムとして「さく乳器」2機種を2015年1月10日より全国のベビー用品専門店、同社ウェブサイトを通じて販売します。

 赤ちゃんに必要な栄養や免疫成分を含み、ママの産後回復に効果的なホルモン分泌も促す母乳ですが、体調の悪い時や夜中の授乳に負担を感じたことがあると言うママは 少なくありません。そんな時予めさく乳しておいた母乳をパパや家族が授乳できればママも安心です。スキンシップの機会が増えるのでパパや家族の赤ちゃんへの愛情も深まり一石二鳥です。

 リッチェルの「さく乳器」は、赤ちゃんが飲む時と同じ感覚でさく乳できる2段階リズムで、自然に母乳の分泌を促すことができます。 母乳分泌を促したい時、乳首トラブルや体調不良で直接母乳を与えられない時、おっぱいのハリの予防に、授乳後のケアに、赤ちゃんを預けたい時などのさく乳にオススメです。 ママのスタイルに合わせて手動タイプと電動タイプから選べます。

 同社の「さく乳器」は、シリコーンカバーがやさしくおっぱいにフィット、負担を抑えて楽にさく乳できます。さく乳した母乳は移し替えることなく、 ボトル(環境ホルモンを含まない安心素材)に付属の中フタや乳首を取り付けて衛生的に保存、授乳が可能です。どちらも簡単に分解、消毒ができ、衛生的に使えます。 レバー操作で自分に合ったペースのさく乳ができる「さく乳器 手動」とスイッチ操作で手に負担をかけずさく乳できる「さく乳器 電動 Plus」から選べます。電動タイプは、 2段階リズムに加えて9段階の吸引圧調節ができ、自分に合った強さをより細かく選べます。 夜中でも安心して使える機能が充実し、必要に応じた電源選択も可能です。さく乳器を上手に利用して、家族みんなで母乳育児を楽しんでみてはいかがでしょう。

 発売を記念して出産予定の方と0~6カ月までのお子様を持つ方を対象に、発売記念モニターキャンペーンを実施します。 応募は2月1日からウェブサイト(http://baby.richell.co.jp/)で受け付けます。

 

さく乳器 手動    http://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/20941

さく乳器 電動 Plus  http://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/20961

 

■商品特長

 

1.赤ちゃんの飲む感覚と同じ、2段階リズム切り替えで効率的にさく乳可能。

マッサージモード
赤ちゃんがおっぱいを吸いはじめるときのような速いリズムで乳首をやさしく刺激。

2段階リズム切替システム

さく乳モード
赤ちゃんが飲むときのようなゆったりした深いリズムでスムーズにさく乳。
吸引圧と速さを自由に調整。

 

2.「さく乳→保存→授乳」に移し替え不要。

・PPSUほ乳びん150ml 付き
(環境ホルモンを含まない安心素材)
・衛生的に母乳を保存できる中フタ付き
・ほ乳びんとして使える乳首とキャップ付き
PPSUほ乳びん150ml 付き

さく乳器 電動 Plus

3.やさしい使い心地。

・シリコーンカバーがおっぱいにやさしくフィット

4.衛生的に使用可能。

・簡単分解可能
・電子レンジ・煮沸・薬液消毒OK
(電動部、チューブ除く)
・食器洗い乾燥機OK

 

■商品詳細
自分のペースでさく乳できる「手動タイプ」 自動でさく乳できる「電動タイプ」
ソフトキッズマットふむふむ ST 100S ソフトキッズマットふむふむ ST 150L
さく乳器 手動
税抜¥4,000
■サイズ/20×9.1×20(cm)
■最大目盛容量/150ml
■材質/ポリプロピレン、エラストマー、
シリコーンゴム、ポリフェニルサルホン(PPSU)
さく乳器 電動 Plus
税抜¥12,000
■サイズ/9×15×20.5(cm)
■最大目盛容量/150ml
■材質/ポリプロピレン、シリコーンゴム、ABS樹脂、
エラストマー、ポリフェニルサルホン(PPSU)、他

 

リッチェルは1956年の創業以来、「消費者の視点」を大切にしており、
「さく乳器 手動」、「さく乳器 電動 Plus」の開発にあたっても消費者の意見を重視しました。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社リッチェル
資本金:618,000千円
〒939-0592 富山県富山市水橋桜木136
http://www.richell.co.jp/

報道関係の方:広告宣伝課
TEL:(076)478-2186 FAX:(076)478-2259
消費者の方:お客様相談室
TEL:(076)478-2957

(2015/1/5)

 

 

go top