プラスチックの話


プラスチックの話 TOP > プラスチックの話 > プラスチック製品の作り方

[プラスチック製品の作り方]

・成形方法の種類
成形する方法は、樹脂の性質・用途により、以下のような種類がありますが、リッチェルでは、主に射出成形(熱可塑性)で製品を作っています。

  暖かいお湯で溶かす 型に入れる 冷やして固める  

  材料の種類 成形方法 材料を柔らかくする 金型で形を作る 固める
  熱可塑性樹脂 射出成形 加熱シリンダーで材料を溶融 金型へ溶融した材料を射出し圧入 冷却
押し出し成形 高熱のシリンダーで材料を溶融 金型へ材料を押し出す 冷却 パイプ、シート
ブロー成形(中空成形) 溶融した材料を筒状に垂らす 金型で材料を挟み空気で膨らませる 冷却 ペットボトル、つり用浮き
真空成形、圧空成形 シート材をヒーターで加熱 金型へシート材を空気で吸引、または押し当てる 冷却 容器、看板
その他 圧延成形、注型成形、発泡成形、粉末成形等
  熱硬化性樹脂 圧縮成形 材料を予備加熱 金型へ材料を入れ、加熱・加圧 重合反応 灰皿、茶わん、汁椀





go top