プラスチックの話


プラスチックの話 TOP > プラスチックの話 > 金型
   

[金型]

・金型の分類

構造として、主に2プレート金型、3プレート金型があり、それぞれランナーやゲートの方式により、以下の特徴を持っています。
  ランナー
方式
ゲート
方式
長所 短所
2プレート
金型
コールド
ランナー
ダイレクト
ゲート
・ゲートによる圧力損失が少ない
・構造が単純で安価・壊れにくい
・後工程でゲートカットが必要
・ゲートカット跡が大きい
・多数個取りができない
・多点化ができない
サイド
ゲート
・ゲートによる圧力損失が比較的少ない
・構造が単純で安価・壊れにくい
・後工程でゲートカットが必要
・ゲート跡が残る
サブマリン
ゲート
・後工程でゲートカットが不要 ・側面にしか設置できない
・ゲート跡は凸とならないが汚い
ホット
ランナー
多種 ・ランナーが無いため材料使用量が少ない ・構造が複雑・高価
・材料の入れ替えに時間が掛かる
3プレート
金型
コールド
ランナー
ピン
ゲート
・後工程でゲートカットが不要
・ゲート跡が小さく目立ちにくい
・多点化・多数個取りが容易
・均等な圧力分布が得られやすい
・ランナーが長いため材料使用量が多い
・金型サイズが大きい
・構造が複雑・高価

金型構造
2プレート金型
3プレート金型
2プレート金型 3プレート金型

金型は、固定側と可動側に分かれており、固定側は、常に成形機に付いている側で、スプールから樹脂が高圧で注入されます。
可動側は、開閉の往復運動をする側で、樹脂を注入する際は、射出圧に耐えうる圧力で閉め、成形後は、成形品を取り出すために開きます。
また、両型板のあわせ面を金型分離面(パーティング面)と言います。
コア受け板は、射出圧で型がたわむのを防ぐために設けられています。
突出し板の両側には、コア受け板と可動側取付板との間で、突出し板がストロークするための領域を確保するために、スペーサブロックがあります。
突出し板には、製品を押し出す為の、たくさんの突出しピンが取り付けられています。

ゲートの種類
ダイレクトゲート
ダイレクトゲート 動画を見る
(Youtube)
サイドゲート サイドゲート 動画を見る
(Youtube)
サブマリンゲート サブマリンゲート 動画を見る
(Youtube)
ピンゲート ピンゲート 動画を見る
(Youtube)





go top