プラスチックの話


プラスチックの話 TOP > プラスチックの話 > 加飾の分類
   

[プラスチック加飾の分類]
プラスチック製品の加飾には、金型に加工する方法や成形後(成形時)に製品に加工する方法があります。
金型加工   ブラスト 金型製品部に圧縮空気等で砂などの研磨材を吹き付け凹凸を形成させる。 バラ鉢
シボ 金型製品部にパターン層を施工し腐食溶液に浸漬する。パターン部は保護され腐食しにくく、凹凸が形成される。 植木鉢ソレシア
彫刻 金型製品部に直接刃物で切削を行い、凹凸を形成する。 プランターアンティコ
製品加工 成形時
加工
転写(ラベル埋め込み) 金型内にデザインを施したフィルムを挟み成形を行い、 金型内で樹脂表面にデザインを転写させる。 ベビーバスマグおわん、ランチ皿など
後加工 プラスト 製品に圧縮空気等でガラスなどの研磨材を吹き付け凹凸を形成させる。  
塗装 製品へ塗料を塗布し塗料の皮膜で覆う。 ガラガラ歯がため、携帯電話ハウジング
水転写 デザインを施したフィルムを水面に浮かべ製品を浸漬し、 水圧により製品へデザインを転写させる。 キャップオープナー
印刷 製品へインキを付着させインキの皮膜で覆う。 おしゃぶり
ホットスタンプ(熱転写) デザインを施したフィルムを製品に熱で圧着させ 製品へデザインを転写させる。 赤ちゃんのお弁当箱おまる
メッキ 無電解めっきによって金属皮膜を表面に形成する。 自動車のドアノブ
蒸着 金属等を蒸発させ製品の表面に付着させる。 携帯電話ハウジング





go top