ガーデン

ガーデニングのお役立ち情報や、キャンペーン情報をお届けします。

鉢・プランター選びのポイント

園芸に使用する鉢にはさまざまな種類があります。
育てたい植物の特徴や、置きたい場所にあった鉢を選んで、上手に園芸を楽しみましょう。

材質・形状・サイズから選ぶ

鉢の材質と特徴

鉢の材質には以下のものがあり、それぞれ特徴があります。
一般的な材質としては、プラスチック・素焼き・陶器・木が挙げられます。

プラスチック

  • 重量が軽く、持ち運びが簡単
  • 色やデザインが豊富
  • 保水性が良い
  • 割れにくい

プラスチック素材の鉢をさがす

素焼き(テラコッタ)

  • 土を焼き固めた物のため重い
  • 通気性が良い
  • 衝撃を与えると割れることがある

陶器(うわぐすりを塗って焼いたもの)

  • 土を焼き固めた物のため重い
  • 色やデザインが豊富
  • 保水性が良い
  • 衝撃を与えると割れることがある

  • 重量は比較的重い
  • 通気性が良い
  • 材質が木のため、植物との見た目の相性が良い
  • 設置場所や保管の仕方によっては劣化が早い
    定期的な防腐剤の塗布をしないと腐る場合がある

鉢の形状

鉢・プランターの形状には以下のものがあります。

長方形

長方形
シンプルでベーシックな長方形は、汎用性の高さが魅力です。
奥行きが狭いので、庭はもちろん、ベランダや窓辺のスペースが少ない場所でも使用できます。

長方形の鉢をさがす

正方形

正方形
スタイリッシュな角型は植物を立体的に飾れます。
一般的に深さがあるので、背丈のある植物の育成に適しています。
鉢の側面同士を合わせやすいので、鉢を隣合わせて飾る【寄せ鉢】も比較的少ないスペースで作れます。

正方形の鉢をさがす

丸型

丸型
スタンダードな丸形はやわらかいフォルムで、置く場所の雰囲気をやさしく演出してくれます。 サイズ、デザイン、カラーなどのバリエーションが最も多く、観葉植物から草花まで、幅広い植物に対応しています。

丸型の鉢をさがす

その他

その他
代表的なものとして、壁掛け・吊り鉢・スタンドカップなどがあります。
植物の置き場所によって、華やかさを演出できます。
また、イチゴの栽培に適したストロベリーポットなど、果実や野菜栽培に適した専用形状のものもあります。

その他の形状の鉢をさがす

鉢のサイズ(深さ)

植木鉢の深さは、浅型・中型・深型の3つに大別できます。

浅型

浅型
直径:深さ=1:0.6~0.7程度
背の低い草花やサボテンなどの多肉植物など、根を浅く張る植物の栽培に適しています。

浅型の鉢をさがす

中型

中型
直径:深さ=1:0.8程度
背の低い草花から高い草花まで、汎用性が高い鉢です。
高低差をつけた寄せ植にも適しています。

中型の鉢をさがす

深型

浅型
直径:深さ=1:1以上
背が高くなる観葉植物や果樹、花樹木に適しています。

深型の鉢をさがす

鉢・プランターのサイズと容量

鉢・プランターのサイズ

鉢のサイズ表記には一般的に”号”と”型”が使用されます。

  • 1号=3cm
    例)10号は上部直径が30cm、15号は上部直径が45cmになります。
  • 1型=1cm
    例)20型は上部直径が20cmになります。

横に長いプランター等、長辺が40cmのものは40”型”になります。

鉢の号数・サイズ
号数
鉢の直径(cm)
4号鉢
12.0
5号鉢
15.0
6号鉢
18.0
7号鉢
21.0
8号鉢
24.0
9号鉢
27.0
10号鉢
30.0
12号鉢
36.0
15号鉢
45.0
18号鉢
54.0
プランターの型数・サイズ
型数
鉢の直径(cm)
30型
30.0
36型
36.0
43型
40.0

鉢・プランターのサイズ・容量

鉢・プランターのサイズ・容量
鉢・プランターに入る土の量はL(リットル)で表記するのが一般的で、底から頂点1cm下までの高さを元に計算されています。
重量ではなく容量で表すのは、土の種類、ブレンドの比率、含んでいる水分によって重さが違ってくるためです。

置きたい場所から選ぶ

置きたい場所に適した鉢とは?

置きたい場所に合わせて鉢を選ぶことで、おしゃれな雰囲気をつくることができます。
リッチェルの鉢・プランターから、オススメのシリーズをご紹介します。

お庭・玄関

和風

洋風

リビング・キッチン

洋風

鉢カバーでアクセントをつけるのも○

ベランダ

植えたい植物から選ぶ

植えたい植物に適した鉢とは?

植物に適した種類の鉢を選ぶことで、園芸初心者の方でも育てやすくなります。
リッチェルの鉢・プランターから、オススメのシリーズをご紹介します。

野菜を育てる

水やりの手間を少なくする「底面給水機能」がついたものや、支柱をしっかり固定できる「支柱留め具」、虫が苦手な人も安心して育てられる、「かんたん虫よけセット」などのオプションも充実しています。

実野菜

葉野菜

根野菜

底面給水で水やりが楽

支柱のセットが簡単

つる性植物で緑のカーテンを作る

ベビーリーフを育てる

果樹を育てる

専門性の高い花を育てる

専門性の高い花を育てる

この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。